狂気の左サイドバック

左利き男性は、右利き男性よりもお金を稼ぐことが明らかに | Excite エキサイト





 左利きの人々なら共感してもらえると思いますが、かつて幼少時代、左利きというと親に幾度も怒られたものです。箸を持つ手をぴしゃりと叩かれ、まるで醜いものでも見るかのような眼差しを向けられるのです。
 なにか強烈に悪いことをしているのかもしれない。そんな被害妄想にとらわれたものです。しかし正直なところ左手で物を操るのはとても楽だったし、どれだけ考えてみても左手を使う事がいけないことだなどとは思えないのでした。
 中学生になったころでしょうか。イスラム教では左手は不浄なものとして、握手どころか物を渡すのもいけないという事実を知りました。
そのころからでしょうか。左利きというものがどれほど世の中に迎合されていないかを知ることになりました。

 例えばエレベーターの押しボタン。どこもかしこも右利き専用にできています。
自動改札だってそうです。右利きの人々には分からないかもしれませんが、あの小さな隙間に小さな小さな子供銀行の千円札より小さな切符を右手で通すのは至難の業です。
 ゴルフだってそうです。右利き専用のクラブに比べると、左利き用のものは多種多様とは到底言えません。これではわたしが徐々に醜くなっていく横み、いや、某選手に勝てないのも仕方ありません。
 包丁なども不便です。説明も不要かと思います。バイクのアクセルもなかなか厳しいし、車も結構難しいんですよ。計量カップだってなかなか残酷なものです。クラス中から無視されるよりはましですが、食事時に長州小力を見るよりはつらいです。
 楽器はもちろん、切実なのは缶切りです。左利き用のものもありますが、それに出会うまではきっと大地震が起きたら缶切り忘れたーとかベタな展開以前に、空けられずに死ぬんじゃないかと怯えていました。
 
 左利きは寿命が短い、という研究がかつてなされていました。
真意のほどは分かりませんが、少なくとも世の中が右利き用にできていることからして、左利きの人間が事故に合う確率は右利きよりも多いといえましょう。
 
 リチャード・ドーキンスの利己的な遺伝子で考えてみると、遺伝子は自己の複製子を最も多く残す可能性の高い戦略を取るということであります。単純に考えると、これだけ不利な左利きはいなくなってしまうことになるのではないでしょうか。しかし実は遺伝子はそれほど利己的ではなかったということをウイリアム・ドナルド・ハミルトンは包括適応度という概念で、生物の「利他行動」を説明しています。働きバチや働きアリは、自分では卵を産まず、女王の産んだ卵の世話をするが、このような自分の適応度を高めるうえでは不利としか思われない「利他行動」は、長い間進化的説明が困難でした。左利きが右利きの生存と繁殖を助けるという利他行動のために存在するとはいえないでしょうから、さほど左利きへの淘汰がないものと考えていいのかもしれません。単なる生命の多様性というか、要は左サイドバックは「狂気の左サイドバック」と言われた都並以降、なかなか現れていないという結論にしましょう。

 なんの話でしょう。

 ということで、サッカーを見てみれば左利きの重要性は増すばかりです。
いつの間にか左利きは、単なるマイノリティではなく、貴重な戦力となっているのです。

 で、結局どんな結論だったのでしょう。






 ちなみにわたしは右利きです。
[PR]
by Your_sea | 2006-08-14 20:30
<< 刑事黒カレー 合コン編 上昇するエレベーター >>