タグ:日記 ( 3 ) タグの人気記事

笹を食べて元気になる

あの「300円ガンプラ」が半分サイズに縮んだ

『80年代はじめ、大ブームをまきおこしたあの、初期の144分の1スケールのガンプラ、いわゆる「300円ガンプラ」(400円や500円なども、もちろんありますが)が、そのまま2分の1サイズになって発売される。』


 何分の一とか言われても実物見た事がないのでなんともわかりませんが、とにかく当時のプラモデルの1/2が発売ということです。

 どうだおっさんたち懐かしいだろう?

 わたしもおっさんのひとりとして、とても懐かしいわけです。
当時わたしにはひとり兄がいて(現存しています)ふたりで製作に励みました。
「おまえは連邦限定な」という兄の特権とも言うべき専制君主制チックなひと言で、わたしはいわゆる連邦軍しか作らせてもらえないものでした。

 色を塗らないまっちろなガンダムて、とても貧相だったなあと回顧しています。
そもそもスマートすぎるガンダムは飾るにはあまりにも味気なかった気もします。
それに、ある日小学校から帰ってくると、片腕をもがれたわたしのガンダムが屈強なグフ3機(兄作)の前に横たわっている光景が待っていました。

 いつの間にかジオラマにされちゃった。

 兄は紙やすりで疲弊した機体を表現したり、ライターで焼くことによって壮絶な交戦の状況を表現するという、かなり器用な技を駆使していましたが、毎回やられているのは弟の作る連邦軍でした。

 なんか書いていたら兄への怨恨が蘇ってきました。

 それはともかく、上記の事情により、わたしは毎回連邦を作り続けたわけで、もうガンダムなんて量産型でした。
 どうしてもどうしてもズゴックでもいいから、もちろんザクでもいいから作りたかったのに、兄は強烈に厳しかったのです。「ほらガンキャノン」とかすっごい虐めです。
 あるときに風をひいて、それがとっても重くて、学校を四日休みました。
両親が「なにか買ってきてあげるけど、メロンがいい?」というので、「ギャン」と答えたことを思い出します。

 それがわたしのはじめて作った、ジオン軍だったのでした。



 なんの話だ?
[PR]
by Your_sea | 2006-08-29 20:24

苦悶式




Q 本を読まないのですが、苦悶に入れば読むようになるでしょうか


A 読むも読まないも苦しむのはあなたの子供です。




Q 算数・数学、英語、国語以外の教室はありますか


A 女王の教室があります。




Q 何歳から入会することができますか


A 苦悶が快楽に変わらない年代までなら大歓迎です。




Q 学校に入る前から文字や数字を教えるのは、早過ぎないでしょうか


A ではあなたは結婚が早すぎたと後悔しているのですか?




Q 社会人でも学習することはできるのでしょうか


A 本当の苦悶は社会人こそが知るものです。ところで社会とはなんですか?




Q 教室では、自分で教材を解くだけで、先生は教えてくれないのでしょうか


A 先生は苦悶が嫌いなんです。




Q 同じところを何度も復習するそうですが、なぜですか


A 苦悶はときとして復讐に変わる事があります。まあ語呂合わせですよ。
[PR]
by Your_sea | 2006-08-22 19:42

真剣ゼミ




教材の内容について。



Q 学校の授業や教科書に対応しているのですか?


A 正直対応していません。
 しかしご自宅に配送時には、中身をカモフラージュしてお送りします。




Q どんな教材が送られてくるのですか?


A 二十七代兼元です。




Q 教材はどのくらいの量ですか?


A 長さ76cmです。



Q 学力低下に対してどのような対応をしているのですか?


A 斬ります。



Q 英語は勉強できますか?


A 英語というよりは、真剣によって調理の勉強ができます。 
[PR]
by Your_sea | 2006-08-21 20:11