タグ:駄菓子 ( 1 ) タグの人気記事

キャベツ太郎の美しさ

制服の第二ボタンを貰ったら猪の肉だった。

そんな経験は誰しもあると思います。
外れた馬券を投げながら、こいつらみんなサクラだ、などと悪態をついた御仁も多かろうと思うわけです。




出だしから非常に苦しい展開に追い込まれた感があります。
例えるならば現役最後の試合で頭突きをしてしまって退場になったもののこれは困った、直接電話して謝ろう。


示談に持ち込もう。



さらにつらい記事になってきました。


マクドナルドでスマイルじゃ飽き足らずに、微笑を注文するよりも苦しい展開。
やはり無料なのだろうか。今、ちょっとだけ疑問に思ったりするわけでして、
あの体に良さそうなシェイクを頼んで氷の微笑なんかもオーダーするとやはり無料なのだろうかとか、今、わたしの頭の中ではどうでもいい疑念が渦巻いているのです。


話は変わりますが、わたしは日頃からわざと言葉を間違えて楽しむ癖があり、
例えば「海のもくずとなる」は「海のもずくとなる」と変換して使います。
「オブラートに包んで言わなきゃ」は「ビブラートに包んで言わなきゃ」とするわけです。
何が楽しいって別になにも楽しくはないんですが、こうやって日頃から日本語変換をしていると、大切な場面でも間違ってしまうという欠点があります。



さて、オブラートに包むで思い出しましたが、『昭和レトロシリーズ』のミニチュアが熱い! | Excite エキサイト
ここで紹介されているボンタンアメ。
懐かしいです。
とても好きで、「南国特産」という嘘っぽいフレーズに惹かれてよく食べていました。
「この透明なフィルムって食べられるの?」としばしば母に聞いたものです。
「さあ」
そんな無責任な返答をしてくれる母でした。

よっちゃんいかも常備食でした。奇妙に赤い、まるでタコを意識したような中身は今もって理解できません。「当たり」が出やすいことで、子どもたちにはなかなかの人気でした。

でまあ、そんな子ども心にも最も不可思議だったのは、「キャベツ太郎」です。
まずもって保安官姿のカエルで思考回路を完全に寸断されます。
ネクタイを締めたカエルが敬礼、と見せかけてやや異種格闘技な仕草。

c0082771_2058970.jpg


そして誰もが困惑する「キャベツ」という呪文。
成分表示には一切キャベツは出てきません。味もキャベツとは無関係。
それどころか「ソース味」と声高に謳っています。
警棒と拳銃をしっかりと装備した緻密なカエル警官と、成分0%のキャベツ。
わたしには生涯解けない謎のひとつなのです。
[PR]
by Your_sea | 2006-07-27 20:18